天地否の二爻変、天水訟に之く

 

【読みかた】

・てんちひ の にこうへん、てんすいしょう に ゆく

 

【キーワード】

・天地否:停滞

・天水訟:争い

 

【表面に表れたヒント】

・リズムが変調し、歯車が噛み合わない。何をするにも気力が湧かない。

・迷い悩み、行き詰まる。しかし、閉塞状況は生きている限り誰の上にも等しく起こることである。

・腰を据えて時の来るのをひたすら待つ。そして次の飛躍に備えること。

 

【ヒントを解釈する指針】

・塞がって身動きが取れない。今さらあくせくしたところで始まらない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・焦って強引に解決を計ると問題はますます悪化する。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪