タグ:38 火沢睽
ホームPage 2 / 212

火沢睽の四爻変、山沢損に之く

 

【読みかた】

・かたくけい の しこうへん、さんたくそん に ゆく

 

【キーワード】

・火沢睽:対立

・山沢損:減少

 

【表面に表れたヒント】

・思い通りにいかない。にらみ合ったまま互いに意地を張り合ってしまう。

・だが、いつまでも続くものではない。あまり気にしない方がよい。

・強引な手段は事態を悪化させることになる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・誠意をもって話し合えば通じ合う。よきパートナーに巡り会う。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・新たに何かを掴むにはまず手の中のものを手放す必要がある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪
カテゴリー

火沢睽の五爻変、天沢履に之く

 

【読みかた】

・かたくけい の ごこうへん、てんたくり に ゆく

 

【キーワード】

・火沢睽:対立

・天沢履:踏む、導く

 

【表面に表れたヒント】

・思い通りにいかない。にらみ合ったまま互いに意地を張り合ってしまう。

・だが、いつまでも続くものではない。あまり気にしない方がよい。

・強引な手段は事態を悪化させることになる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・邪推は邪推を生む。しかし、善意に解釈するならば強力な応援を得ることができる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・好機をとらえ、後は実行に移すのみ。柔よく剛を制す。

・今、この瞬間以外のことを考えないこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪
カテゴリー

火沢睽の上爻変、雷沢帰妹に之く

 

【読みかた】

・かたくけい の じょうこうへん、らいたくきまい に ゆく

 

【キーワード】

・火沢睽:対立

・雷沢帰妹:不慮の出来事、災難

 

【表面に表れたヒント】

・思い通りにいかない。にらみ合ったまま互いに意地を張り合ってしまう。

・だが、いつまでも続くものではない。あまり気にしない方がよい。

・強引な手段は事態を悪化させることになる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・猜疑心が真実をますます遠ざける。疑念が妄想であることに気がつけば、再び良好な関係を取り戻すことができる。

・他人が自分にする悪い態度は、自分の他人に対する態度の反映である。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・根本的な問題に手をつけない限り事態は好転しない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

山沢損の四爻変、火沢睽に之く

 

【読みかた】

・さんたくそん の しこうへん、かたくけい に ゆく

 

【キーワード】

・山沢損:減少

・火沢睽:対立

 

【表面に表れたヒント】

・何かを得ることによりその分何かを失う。

・そして失ったものの大きさにやっと気がつく。

・気持ちを切り替えるしかない。形ではなく誠意が大切である。

 

【ヒントを解釈する指針】

・欠陥に目をつぶると後悔する。早く処置すれば問題ない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・些細なことにこだわり過ぎると、見えるものも見えなくなる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪
カテゴリー

雷沢帰妹の上爻変、火沢睽に之く

 

【読みかた】

・らいたくきまい の じょうこうへん、かたくけい に ゆく

 

【キーワード】

・雷沢帰妹:不慮の出来事、災難

・火沢睽:対立

 

【表面に表れたヒント】

・思い通りにいかない。

・機が熟していない。事の始まりに無理がある。

・強行すれば後悔することになる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・打算や身勝手な都合で結ばれた関係は長続きしない。強行しても得るものは何もない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・仲違いしている間柄なので、小事はともかく大事を行う時ではない。最初から失敗は見えている。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

火水未済の初爻変、火沢睽に之く

 

【読みかた】

・かすいびせい の しょこうへん、かたくけい に ゆく

 

【キーワード】

・火水未済:未完成

・火沢睽:対立

 

【表面に表れたヒント】

・九十九里をもって道半ばと心得ること。

・胸突き八丁、ここが辛抱のしどころである。

・後一息、乗り切るだけの力は備わっている。

 

【ヒントを解釈する指針】

・出来る範囲を超えてまで手を出すべきではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・目くじらを立てて反目するのもそれぞれ考え方、価値観が異なるからである。その違いをあまり神経質になって考えないこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪
ホームPage 2 / 212