水沢節の初爻変、坎為水に之く

 

【読みかた】

・すいたくせつ の しょこうへん、かんいすい に ゆく

 

【キーワード】

・水沢節:限界、節度

・坎為水:水、底知れないもの

 

【表面に表れたヒント】

・何事にも潮時がある。ほどほどにして手を打つこと。

・意地を張ると後悔することになる。

・過ぎたるは猶及ばざるが如し。

 

【ヒントを解釈する指針】

・はやる気持ちを抑えること。まだ前進する時ではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・表面だけで判断すると危険である。水の底は潜ってみないことには分からない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪