風水渙の四爻変、天水訟に之く

 

【読みかた】

・ふうすいかん の しこうへん、てんすいしょう に ゆく

 

【キーワード】

・風水渙:分散、散らす

・天水訟:争い

 

【表面に表れたヒント】

・気がかりなことが解決する。

・足場を固める時である。

・悩み事と一緒に緊張感まで失ってしまっては何にもならない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・欲を捨てれば捨てるほど人や者が集まってくる。意見の違いを乗り越えて一致団結し、事態は思いのままに推移する。大いによし。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・自分だけが正しいと思いこんで強引に争うと行き詰まってしまう。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪