水雷屯の初爻変、水地比に之く

 

【読みかた】

・すいらいちゅん の しょこうへん、すいちひ に ゆく

 

【キーワード】

・水雷屯:困難、試練、忍耐、希望

・水地比:統合

 

【表面に表れたヒント】

・草創期の悩み、生みの苦しみに直面する。

・無から有を生み出すには想像をはるかに超えるエネルギーが必要となる。意欲だけでは乗り切れない。しかし、決して諦めないこと。

・但し、軽率な前進は危険である。

 

【ヒントを解釈する指針】

・苦難を前にして思案している。しかし、この苦難がいずれ悦びに変わる。実力としかるべき徳を備えているならば大いに進むとよい。しかし、一般的には自重して時を待つほうがよい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・人々が集まって来る。親しくしていなかった者まで集まってきて互いに助け合う。しかし、中には好ましくない日和見主義の者もいるので気をつけること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪