沢火革の初爻変、沢山咸に之く

 

【読みかた】

・たくかかく の しょこうへん、たくざんかん に ゆく

 

【キーワード】

・沢火革:変革

・沢山咸:感化、求愛

 

【表面に表れたヒント】

・思い切って決断する時。

・予期せぬ展開となる。一波乱は免れない。

・粘り強く押し進めるならば何も心配することはない。変わることにより風通しがよくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・最初からあまり積極的に動くのはよくない。まだ動き出すのには早過ぎる。

・静かにしてじっくり考えること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・打算や邪念のない無私のあり方に人々は感応するものである。私情や計算で動けば、いずれ行き詰まることになる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪