沢山咸の初爻変、沢火革に之く

 

【読みかた】

・たくざんかん の しょこうへん、たくかかく に ゆく

 

【キーワード】

・沢山咸:感化、求愛

・沢火革:変革

 

【表面に表れたヒント】

・物事の始まる時。

・すべては無心に感じることで始まる。

・正しい感応でないと感動はすぐに冷めてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・気づいていないが、かすかに感応している。しかし、まだ動く時ではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・続いてきたものを改めるのは容易ではない。十分準備を重ね、機の熟するのを待たなければならない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪