風地観の四爻変、天地否に之く

 

【読みかた】

・ふうちかん の しこうへん、てんちひ に ゆく

 

【キーワード】

・風地観:熟考

・天地否:停滞

 

【表面に表れたヒント】

・自分が他人を観察するように、周りは自分を観察している。

・今さら背伸びをしても始まらない。所詮それ以上でもなければそれ以下でもない。

・身を正すこと。それ以外に手段はない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・肩書きや世間の権威にとらわれず、自分を最もよく知る者に仕えること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・表面は活動的でも、噂を信じて軽々しく結論を出すと行き詰まってしまう。

・正しく考え、感じ、なすことが肝要である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪