タグ:49 沢火革の記事一覧

易占で粒焼

タグ:49 沢火革

13f 天火同人の上爻変、沢火革に之く


天火同人の上爻変、沢火革に之く

 

【読みかた】

・てんかどうじん の じょうこうへん、たくかかく に ゆく

 

【キーワード】

・天火同人:協力

・沢火革:変革

 

【表面に表れたヒント】

・同じ考えをした者が周りに集まってくる。類は友を呼ぶ。

・常識にとらわれず、また小異にこだわらず、今は果敢に進むべき時である。

・好機を逃してはならない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・孤独は一面、煩わしい人間関係に悩まずにすむという利点もある。今は動かない方がよい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・長い間続いたものを改めるのは容易ではない。時期が熟さないとうまくいかない。

・人の過去を問わず、人の未来を思わず。今の評価がすべてである。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

17c 沢雷随の三爻変、沢火革に之く


沢雷随の三爻変、沢火革に之く

 

【読みかた】

・たくらいずい の さんこうへん、たくかかく に ゆく

 

【キーワード】

・沢雷随:従う

・沢火革:変革

 

【表面に表れたヒント】

・人々が悦んで従い、集まってくる。

・しかし、相手をよく見ないといけない。

・中には好ましくない者も混じっている。

 

【ヒントを解釈する指針】

・目先の利益にとらわれてうかつに従うと、思わぬ不利がもたらされる。

・より大きなもののために小さなものを諦めなければならない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・やり方を変えるなら慎重に行うこと。機が熟さないと難しい。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

31a 沢山咸の初爻変、沢火革に之く


沢山咸の初爻変、沢火革に之く

 

【読みかた】

・たくざんかん の しょこうへん、たくかかく に ゆく

 

【キーワード】

・沢山咸:感化、求愛

・沢火革:変革

 

【表面に表れたヒント】

・物事の始まる時。

・すべては無心に感じることで始まる。

・正しい感応でないと感動はすぐに冷めてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・気づいていないが、かすかに感応している。しかし、まだ動く時ではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・続いてきたものを改めるのは容易ではない。十分準備を重ね、機の熟するのを待たなければならない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

43b 沢天夬の二爻変、沢火革に之く


沢天夬の二爻変、沢火革に之く

 

【読みかた】

・たくてんかい の にこうへん、たくかかく に ゆく

 

【キーワード】

・沢天夬:決断

・沢火革:変革

 

【表面に表れたヒント】

・決断の時である。

・周到に用意しないと危険である。強行策ではいずれ行き詰まってしまう。

・しかし、十分用意してかかれば案ずることはない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・意外な出来事に見舞われるが問題ない。

・恐れは実体のないものであり、自分自身の心の影である。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・機が熟すと不可能と思っていたこともあっさり実現する。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

49a 沢火革の初爻変、沢山咸に之く


沢火革の初爻変、沢山咸に之く

 

【読みかた】

・たくかかく の しょこうへん、たくざんかん に ゆく

 

【キーワード】

・沢火革:変革

・沢山咸:感化、求愛

 

【表面に表れたヒント】

・思い切って決断する時。

・予期せぬ展開となる。一波乱は免れない。

・粘り強く押し進めるならば何も心配することはない。変わることにより風通しがよくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・最初からあまり積極的に動くのはよくない。まだ動き出すのには早過ぎる。

・静かにしてじっくり考えること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・打算や邪念のない無私のあり方に人々は感応するものである。私情や計算で動けば、いずれ行き詰まることになる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

49b 沢火革の二爻変、沢天夬に之く


沢火革の二爻変、沢天夬に之く

 

【読みかた】

・たくかかく の にこうへん、たくてんかい に ゆく

 

【キーワード】

・沢火革:変革

・沢天夬:決断

 

【表面に表れたヒント】

・思い切って決断する時。

・予期せぬ展開となる。一波乱は免れない。

・粘り強く押し進めるならば何も心配することはない。変わることにより風通しがよくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・機が熟さない限り事は成就しない。急いで変えない方がよい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・いくら好ましくないものであってもそれを退けるにはそれなりの準備、覚悟が必要である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪