タグ:08 水地比の記事一覧

易占で粒焼

タグ:08 水地比

02e 坤為地の五爻変、水地比に之く


坤為地の五爻変、水地比に之く

 

【読みかた】

・こんいち の ごこうへん、すいちひ に ゆく

 

【キーワード】

・坤為地:受容、女性原理、潜在意識

・水地比:統合

 

【表面に表れたヒント】

・穏やかな日差しを浴びたような満ち足りた気分に包まれる。問題はそれをいかに持続させるかである。

・先頭に立ち他を率いる立場に就くと迷いが生じる。一歩下がって、人を敬い、相手を立てるようにして従うなら、困難な問題に遭っても心配することはない。

・無気力な盲従はいけない。積極的な従順を心掛けること。気の合う友と行動を共にすればそれぞれ持てる真価を発揮できる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・望みごとが大いに叶う。

・道は楽しく、平安である。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・互いに親しみ助け合い提携する。これまで親しくしていなかった者まで一斉に集まって来る。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

03a 水雷屯の初爻変、水地比に之く


水雷屯の初爻変、水地比に之く

 

【読みかた】

・すいらいちゅん の しょこうへん、すいちひ に ゆく

 

【キーワード】

・水雷屯:困難、試練、忍耐、希望

・水地比:統合

 

【表面に表れたヒント】

・草創期の悩み、生みの苦しみに直面する。

・無から有を生み出すには想像をはるかに超えるエネルギーが必要となる。意欲だけでは乗り切れない。しかし、決して諦めないこと。

・但し、軽率な前進は危険である。

 

【ヒントを解釈する指針】

・苦難を前にして思案している。しかし、この苦難がいずれ悦びに変わる。実力としかるべき徳を備えているならば大いに進むとよい。しかし、一般的には自重して時を待つほうがよい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・人々が集まって来る。親しくしていなかった者まで集まってきて互いに助け合う。しかし、中には好ましくない日和見主義の者もいるので気をつけること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

08a 水地比の初爻変、水雷屯に之く


水地比の初爻変、水雷屯に之く

 

【読みかた】

・すいちひ の しょこうへん、すいらいちゅん に ゆく

 

【キーワード】

・水地比:統合

・水雷屯:困難、試練、忍耐、希望

 

【表面に表れたヒント】

・互いに打ち解けるとそこには不思議な力が働く。それを活かせばますます事態は好転する。

・親しくしていなかった者まで駆けつけて来る。

・しかし、浮かれて自分を見失うと、災いをもたらす者をも引き寄せてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・吉報に見舞われる。人と人とが心から親しむ時、そこには不思議な力が働く。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・物事の始まりには様々な苦労があるが、乗り切ってしまうと状況は一転する。また乗り切るだけの力がある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

08b 水地比の二爻変、坎為水に之く


水地比の二爻変、坎為水に之く

 

【読みかた】

・すいちひ の にこうへん、かんいすい に ゆく

 

【キーワード】

・水地比:統合

・坎為水:水、底知れないもの

 

【表面に表れたヒント】

・互いに打ち解けるとそこには不思議な力が働く。それを活かせばますます事態は好転する。

・親しくしていなかった者まで駆けつけて来る。

・しかし、浮かれて自分を見失うと、災いをもたらす者をも引き寄せてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・迷わず積極的に働きかければますます勢いは盛んとなる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・険難が重なり苦労の種は尽きない。しかし、くじけず進めばいつか必ず報われる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

08c 水地比の三爻変、水山蹇に之く


水地比の三爻変、水山蹇に之く

 

【読みかた】

・すいちひ の さんこうへん、すいざんけん に ゆく

 

【キーワード】

・水地比:統合

・水山蹇:障害

 

【表面に表れたヒント】

・互いに打ち解けるとそこには不思議な力が働く。それを活かせばますます事態は好転する。

・親しくしていなかった者まで駆けつけて来る。

・しかし、浮かれて自分を見失うと、災いをもたらす者をも引き寄せてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・周りの反対を押し切って好ましくない者と親しくなるおそれがある。危うい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・進退窮まる。信頼できる人に相談すること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

08d 水地比の四爻変、沢地萃に之く


水地比の四爻変、沢地萃に之く

 

【読みかた】

・すいちひ の しこうへん、たくちすい に ゆく

 

【キーワード】

・水地比:統合

・沢地萃:集まる

 

【表面に表れたヒント】

・互いに打ち解けるとそこには不思議な力が働く。それを活かせばますます事態は好転する。

・親しくしていなかった者まで駆けつけて来る。

・しかし、浮かれて自分を見失うと、災いをもたらす者をも引き寄せてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・尊敬する人と親しくなる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・悦び従うことから自然と人や物が集まって来る。しかし、あまり調子に乗ると転ぶおそれがある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪