タグ:26 山天大畜の記事一覧

易占で粒焼

タグ:26 山天大畜

09e 風天小畜の五爻変、山天大畜に之く


風天小畜の五爻変、山天大畜に之く

 

【読みかた】

・ふうてんしょうちく の ごこうへん、さんてんたいちく に ゆく

 

【キーワード】

・風天小畜:抑制

・山天大畜:大きな抑制力

 

【表面に表れたヒント】

・思い通りにはいかない。

・壁を突破するだけの力が不足している。事が成るには相応の順序がある。

・実績を重ねていくうちに徐々に動き出す。今はその時に備えることである。

 

【ヒントを解釈する指針】

・自分さえよければと考えずに周りと共に栄えることを考えること。意外な協力者が現れる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・大いなる蓄積が今こそものをいう。万事ことごとく平生の応報である。

・志の固いものは守られる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

11f 地天泰の上爻変、山天大畜に之く


地天泰の上爻変、山天大畜に之く

 

【読みかた】

・ちてんたい の じょうこうへん、さんてんたいちく に ゆく

 

【キーワード】

・地天泰:平和

・山天大畜:大きな抑制力

 

【表面に表れたヒント】

・リズムに乗る。欲しいものは手に入る。無くしたものは出てくる。

・順調だが、この期間もそう長くは続かない。

・しかし、今は陽の真っ盛りである。大いに楽しむのもよいし、次に備えるのもよい。

 

【ヒントを解釈する指針】

・かつての陽気は既に影を潜めている。強引に進めるのは危険である。

・心の中で難問に手向かうことをやめること。そうすれば自ずと解決する。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・大いなる蓄積は大いなる停止でもある。動かざること山のごとし、引いても押しても頑として動かない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

14d 火天大有の四爻変、山天大畜に之く


火天大有の四爻変、山天大畜に之く

 

【読みかた】

・かてんたいゆう の しこうへん、さんてんたいちく に ゆく

 

【キーワード】

・火天大有:大いなる所有

・山天大畜:大きな抑制力

 

【表面に表れたヒント】

・太陽がいっぱい。今は進むことだけを考えればよい。

・しかし油断は禁物である。

・得意の時を冷静に受け止めるならば、勢いはますます加速する。

 

【ヒントを解釈する指針】

・思いやりに欠けると足元をすくわれる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・周りに慕われる。

・一切の事を愛をもって行うこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

18a 山風蠱の初爻変、山天大畜に之く


山風蠱の初爻変、山天大畜に之く

 

【読みかた】

・さんぷうこ の しょこうへん、さんてんたいちく に ゆく

 

【キーワード】

・山風蠱:腐敗

・山天大畜:大きな抑制力

 

【表面に表れたヒント】

・リズムが狂い出し、何をやってもちぐはぐとなる。

・それは、手を打たなくてはならないのに今まで放置していたからである。

・一から出直すよい機会。

 

【ヒントを解釈する指針】

・傷が大きくならない内に手を打てば咎めなし。但し、事態を甘く見ないこと。

・過去の失敗を悲しんでいる場合ではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・力を蓄えている相手の勢いを抑えるのは容易ではない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

22b 山火賁の二爻変、山天大畜に之く


山火賁の二爻変、山天大畜に之く

 

【読みかた】

・さんかひ の にこうへん、さんてんたいちく に ゆく

 

【キーワード】

・山火賁:恩恵

・山天大畜:大きな抑制力

 

【表面に表れたヒント】

・表向きはともかく内実は苦しい。

・中身の伴わない輝きは、いずれメッキが剥げる。

・飾りに惑わされてはならない。今は大事をなす時ではない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・外見を飾るよりも内面を豊かにすること。実力者に従うならば何ら問題ない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・留める力が強く、大いなる蓄積があるので、心配することはない。いかなる困難も乗り切れる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

26a 山天大畜の初爻変、山風蠱に之く


山天大畜の初爻変、山風蠱に之く

 

【読みかた】

・さんてんたいちく の しょこうへん、さんぷうこ に ゆく

 

【キーワード】

・山天大畜:大きな抑制力

・山風蠱:腐敗

 

【表面に表れたヒント】

・チャンス到来。

・蓄えたものを積極的に活かす時であり、活用すればするほど強力となる。

・外に出ること。望むものは内より外にある。

 

【ヒントを解釈する指針】

・蓄えるにしても一攫千金は邪道である。地道に蓄えを増やすこと。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・難問の処理、建て直しはよほど慎重に取り組まないと危険である。

・嵐の大海に出るより、沿岸を航海する方が安全である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪