タグ:27 山雷頤の記事一覧

易占で粒焼

タグ:27 山雷頤

21d 火雷噬嗑の四爻変、山雷頤に之く


火雷噬嗑の四爻変、山雷頤に之く

 

【読みかた】

・からいぜいごう の しこうへん、さんらいい に ゆく

 

【キーワード】

・火雷噬嗑:噛み砕く

・山雷頤:あご、食を養う

 

【表面に表れたヒント】

・思い切って障害を排除しなければならない。

・一掃すると辺りは一瞬緊張で震えるが、次第に明るくなり、風通しが良くなってくる。

・安易な妥協は後で悔やむことになる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・甘く見ていると障害は日増しに増大する。情にほだされないよう気をつけること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・何を信条としているか、それさえ見ればその人の見当はつく。世間の評価などあてにはならない。私情を捨てて決断すべき時である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

22c 山火賁の三爻変、山雷頤に之く


山火賁の三爻変、山雷頤に之く

 

【読みかた】

・さんかひ の さんこうへん、さんらいい に ゆく

 

【キーワード】

・山火賁:恩恵

・山雷頤:あご、食を養う

 

【表面に表れたヒント】

・表向きはともかく内実は苦しい。

・中身の伴わない輝きは、いずれメッキが剥げる。

・飾りに惑わされてはならない。今は大事をなす時ではない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・飾りは所詮飾りに過ぎない。表だけを見ていると惑わされるので気をつけること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・相手が何を信念としているかを観るまでは即断すべきではない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

23a 山地剝の初爻変、山雷頤に之く


山地剝の初爻変、山雷頤に之く

 

【読みかた】

・さんちはく の しょこうへん、さんらいい に ゆく

 

【キーワード】

・山地剝:裂ける

・山雷頤:あご、食を養う

 

【表面に表れたヒント】

・陽が衰え、陰がますます盛んとなる。何をしてもうまくいかない。

・依って立つ基盤が崩れ落ちようとしている。転覆のおそれもある。

・言動を慎み自重して時を待つ以外にない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・足もとが崩れかかっている。意外な落とし穴が待ち受けている。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・日頃の言動がいざという時にものをいう。しかし、時にはそれが命取りになることもある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

24f 地雷復の上爻変、山雷頤に之く


地雷復の上爻変、山雷頤に之く

 

【読みかた】

・ちらいふく の じょうこうへん、さんらいい に ゆく

 

【キーワード】

・地雷復:帰る、復活、回復、戻る

・山雷頤:あご、食を養う

 

【表面に表れたヒント】

・元通りに戻る。

・波に乗るにはかすかな兆しを的確につかむこと。

・この好機をみすみす見逃してはならない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・いたずらに迷うと時期を失する。時期を失うと成就するものも成就しない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・日頃何を話し何を信条としているか、周りはそれをもって判断する。それさえ見ればお、おおよその見当はつく。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

27a 山雷頤の初爻変、山地剝に之く


山雷頤の初爻変、山地剝に之く

 

【読みかた】

・さんらいい の しょこうへん、さんちはく に ゆく

 

【キーワード】

・山雷頤:あご、食を養う

・山地剝:裂ける

 

【表面に表れたヒント】

・口は災いのもと。

・たった一言が流れを変えることもある。

・生きる信条を何に求めるか、それで相手がどのような人か大体の見当がつく。

 

【ヒントを解釈する指針】

・他人をうらやむよりも自分の資質を活かすこと。そうしないと打開の道は開けない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・本来あるべきものが削り取られて剝奪されている。陽の気が衰え、陰がますます盛んとなる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

27b 山雷頤の二爻変、山沢損に之く


山雷頤の二爻変、山沢損に之く

 

【読みかた】

・さんらいい の にこうへん、さんたくそん に ゆく

 

【キーワード】

・山雷頤:あご、食を養う

・山沢損:減少

 

【表面に表れたヒント】

・口は災いのもと。

・たった一言が流れを変えることもある。

・生きる信条を何に求めるか、それで相手がどのような人か大体の見当がつく。

 

【ヒントを解釈する指針】

・分不相応な望みは身を滅ぼす。甘い考えを捨てないと周りから見放される。他人に依存しないこと。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・何かを失うことにより何かを得る。問題は何を失うかである。

・減らす対象と方法が理に適ったものであれば、損をしたとしても結局マイナスとはならない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪