タグ:50 火風鼎の記事一覧

易占で粒焼

タグ:50 火風鼎

14a 火天大有の初爻変、火風鼎に之く


火天大有の初爻変、火風鼎に之く

 

【読みかた】

・かてんたいゆう の しょこうへん、かふうてい に ゆく

 

【キーワード】

・火天大有:大いなる所有

・火風鼎:大きな鍋、安定

 

【表面に表れたヒント】

・太陽がいっぱい。今は進むことだけを考えればよい。

・しかし油断は禁物である。

・得意の時を冷静に受け止めるならば、勢いはますます加速する。

 

【ヒントを解釈する指針】

・大いなる保有はとかく人を傲慢にする。用心しないと周りの妬みを買ってしまう。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・新しきを取り入れ古きを取り去り、常に調整すること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

18d 山風蠱の四爻変、火風鼎に之く


山風蠱の四爻変、火風鼎に之く

 

【読みかた】

・さんぷうこ の しこうへん、かふうてい に ゆく

 

【キーワード】

・山風蠱:腐敗

・火風鼎:大きな鍋、安定

 

【表面に表れたヒント】

・リズムが狂い出し、何をやってもちぐはぐとなる。

・それは、手を打たなくてはならないのに今まで放置していたからである。

・一から出直すよい機会。

 

【ヒントを解釈する指針】

・非情にならないと出来ないこともある。寛容に過ぎて失敗する。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・新しきを取り入れ、古きを一掃すること。

・未来を考えてはいけない。未来は現在が創るものである。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

32f 雷風恆の上爻変、火風鼎に之く


雷風恆の上爻変、火風鼎に之く

 

【読みかた】

・らいふうこう の じょうこうへん、かふうてい に ゆく

 

【キーワード】

・雷風恆:持続

・火風鼎:大きな鍋、安定

 

【表面に表れたヒント】

・継続は力なり。

・これまでのやり方、方法を維持した方がよい。

・問題があっても変更しない。不安になるだろうが、心配することはない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・左右に揺れてふらついている。移り気がついには身を破る。

・穏やかな心を保つように心掛けること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・せっかくの料理も食べる前にひっくり返せば何もならない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

44e 天風姤の五爻変、火風鼎に之く


天風姤の五爻変、火風鼎に之く

 

【読みかた】

・てんぷうこう の ごこうへん、かふうてい に ゆく

 

【キーワード】

・天風姤:出会い、遭遇

・火風鼎:大きな鍋、安定

 

【表面に表れたヒント】

・新たな出会いがある。

・すべてこの世は無数の出会いから始まるものである。

・いかなる意味を持つか後々明らかとなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・予想外の出会いがある。チャンス到来。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・優れた物を取り入れると、従来の方法まで活性化する。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

50a 火風鼎の初爻変、火天大有に之く


火風鼎の初爻変、火天大有に之く

 

【読みかた】

・かふうてい の しょこうへん、かてんたいゆう に ゆく

 

【キーワード】

・火風鼎:大きな鍋、安定

・火天大有:大いなる所有

 

【表面に表れたヒント】

・能力を発揮する時がきた。

・才能は何かに触発されて初めて活かされる。

・いくら優れた素材であっても手を加えないのでは何の役にも立たない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・一から新たに調達する。これまでのこだわりを捨て去らない限り事態は好転しない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・大いなる所有、結束、培養の時。無心に取り組めば予想外の力が働き、大いなる結果が生じる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

50b 火風鼎の二爻変、火山旅に之く


火風鼎の二爻変、火山旅に之く

 

【読みかた】

・かふうてい の にこうへん、かざんりょ に ゆく

 

【キーワード】

・火風鼎:大きな鍋、安定

・火山旅:さまよう人、不安定

 

【表面に表れたヒント】

・能力を発揮する時がきた。

・才能は何かに触発されて初めて活かされる。

・いくら優れた素材であっても手を加えないのでは何の役にも立たない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・方針に間違いはない。あまり神経質にならないほうがよい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・自分の思い通りにならず、難しいことが多い。しかし、前進すれば意外なチャンスが訪れる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪