カテゴリー:47 沢水困の記事一覧

易占で粒焼

カテゴリー:47 沢水困

47a 沢水困の初爻変、兌為沢に之く


沢水困の初爻変、兌為沢に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の しょこうへん、だいたく に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・兌為沢:悦び、楽しいもの

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・苦難のどん底にいてかなり苦しい。しかし、焦れば焦るほど事態は悪くなる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・本当の悦びは棚からぼた餅式では得られない。あくまで自ら探し求めて手に入れるものである。逆境のときこそ、それを見出す好機である。

・出かけていき、よい相談相手を探し出すこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

47b 沢水困の二爻変、沢地萃に之く


沢水困の二爻変、沢地萃に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の にこうへん、たくちすい に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・沢地萃:集まる

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・余るのは不足よりもさらに危険である。得意な分野で破れる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・何事も適度が肝心である。何もかも急に集まり過ぎると大抵の場合乱れるものである。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

47c 沢水困の三爻変、沢風大過に之く


沢水困の三爻変、沢風大過に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の さんこうへん、たくふうたいか に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・沢風大過:大きな重荷

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・前に進みたくとも進めない。しかし、よくよく考えれば、打つ手が全くないというわけではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・今は辛うじて支えているが、果たしていつまでこの重圧に耐え切れるか分からない。このままでは危うい。

・自分も他人も今は全てを許すこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

47d 沢水困の四爻変、坎為水に之く


沢水困の四爻変、坎為水に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の しこうへん、かんいすい に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・坎為水:水、底知れないもの

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・一進一退で苦しいが、ここを切り抜ければ徐々に好転する。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・沈むだけ沈んで足が完全に底につくと不思議な力が湧いてくる。いっそのこと行くところまで行った方がよい。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

47e 沢水困の五爻変、雷水解に之く


沢水困の五爻変、雷水解に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の ごこうへん、らいすいかい に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・雷水解:解放

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・永遠に続く困難などない。だから、今は粘り強く待つしかない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・いかに手に負えない難問といえど、時間が経てばいつか解消に向かうものである。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

47f 沢水困の上爻変、天水訟に之く


沢水困の上爻変、天水訟に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の じょうこうへん、てんすいしょう に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・天水訟:争い

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・夜明け前が最も暗い。極まれば必ず動きが生じるものである。この困窮を逆に活用するならば望外の悦びもまた生じてくる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・一時しのぎは結局災いを先に残すだけである。原因を冷静に考えれば解決の道はある。

・未来は現在の自分の考えの中にある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪