カテゴリー:35 火地晉の記事一覧

易占で粒焼

カテゴリー:35 火地晉

35a 火地晉の初爻変、火雷噬嗑に之く


火地晉の初爻変、火雷噬嗑に之く

 

【読みかた】

・かちしん の しょこうへん、からいぜいごう に ゆく

 

【キーワード】

・火地晉:進歩

・火雷噬嗑:噛み砕く

 

【表面に表れたヒント】

・事態がようやく明らかになる。努力が報われる。

・今は昇り進む時であり、その報いを自信をもって受け取ればよい。

・しかし、あくまでも謙虚に着実に進むこと。

 

【ヒントを解釈する指針】

・進めば拒む者が現れるが、気にすることはない。それが世の常である。道は開かれる。

・自分の目的を追求すること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・障害を排除して進む限り道は開かれる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

35b 火地晉の二爻変、火水未済に之く


火地晉の二爻変、火水未済に之く

 

【読みかた】

・かちしん の にこうへん、かすいびせい に ゆく

 

【キーワード】

・火地晉:進歩

・火水未済:未完成

 

【表面に表れたヒント】

・事態がようやく明らかになる。努力が報われる。

・今は昇り進む時であり、その報いを自信をもって受け取ればよい。

・しかし、あくまでも謙虚に着実に進むこと。

 

【ヒントを解釈する指針】

・立ち止まらずに進めば、いずれ理解者が現れる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・事が成る前の未完成の状態である。諦めないこと。

・目標を変えないこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

35c 火地晉の三爻変、火山旅に之く


火地晉の三爻変、火山旅に之く

 

【読みかた】

・かちしん の さんこうへん、かざんりょ に ゆく

 

【キーワード】

・火地晉:進歩

・火山旅:さまよう人、不安定

 

【表面に表れたヒント】

・事態がようやく明らかになる。努力が報われる。

・今は昇り進む時であり、その報いを自信をもって受け取ればよい。

・しかし、あくまでも謙虚に着実に進むこと。

 

【ヒントを解釈する指針】

・進むにつれ力量不足を思い知らされるが、今は進む時であり嘆く時ではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・いくら困っても誰も手を貸してくれない。泣き言を言っても始まらない。しかし、何が起きるか分からない。失意の時は得意の前ぶれでもある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

35d 火地晉の四爻変、山地剝に之く


火地晉の四爻変、山地剝に之く

 

【読みかた】

・かちしん の しこうへん、さんちはく に ゆく

 

【キーワード】

・火地晉:進歩

・山地剝:裂ける

 

【表面に表れたヒント】

・事態がようやく明らかになる。努力が報われる。

・今は昇り進む時であり、その報いを自信をもって受け取ればよい。

・しかし、あくまでも謙虚に着実に進むこと。

 

【ヒントを解釈する指針】

・徳も才も薄くて望みだけが分不相応に大きい。反省しないと危うい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・陽が衰え陰が盛んとなり、行き詰まって閉塞状況にいる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

35e 火地晉の五爻変、天地否に之く


火地晉の五爻変、天地否に之く

 

【読みかた】

・かちしん の ごこうへん、てんちひ に ゆく

 

【キーワード】

・火地晉:進歩

・天地否:停滞

 

【表面に表れたヒント】

・事態がようやく明らかになる。努力が報われる。

・今は昇り進む時であり、その報いを自信をもって受け取ればよい。

・しかし、あくまでも謙虚に着実に進むこと。

 

【ヒントを解釈する指針】

・一時の損得にこだわってはならない。今は損得を気にしている場合ではない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・表面は活動的だが内面は不安定で、事態は憂慮すべき状況にある。よほどの覚悟がない限り打開できない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

35f 火地晉の上爻変、雷地豫に之く


火地晉の上爻変、雷地豫に之く

 

【読みかた】

・かちしん の じょうこうへん、らいちよ に ゆく

 

【キーワード】

・火地晉:進歩

・雷地豫:熱意、積極性

 

【表面に表れたヒント】

・事態がようやく明らかになる。努力が報われる。

・今は昇り進む時であり、その報いを自信をもって受け取ればよい。

・しかし、あくまでも謙虚に着実に進むこと。

 

【ヒントを解釈する指針】

・放っておけばよい妨害まで一々気にしていては先に進めない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・次第に活気が出てくる。去る者は追わず、来る者は拒まず。しかるべき人物を上に仰ぎ、事を起こすとよい。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪