カテゴリー:58 兌為沢の記事一覧

易占で粒焼

カテゴリー:58 兌為沢

58a 兌為沢の初爻変、沢水困に之く


兌為沢の初爻変、沢水困に之く

 

【読みかた】

・だいたく の しょこうへん、たくすいこん に ゆく

 

【キーワード】

・兌為沢:悦び、楽しいもの

・沢水困:苦難、困窮

 

【表面に表れたヒント】

・楽しみがもたらされる。

・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのである。ささやかなことでも、心から笑ってみるようにすればよい。

・楽しみは分かち合うことでさらに楽しくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・皆と一緒になって悦びを分かち合う。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・困窮の真っ只中にいながら毅然としてその道を楽しめばよい。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

58b 兌為沢の二爻変、沢雷随に之く


兌為沢の二爻変、沢雷随に之く

 

【読みかた】

・だいたく の にこうへん、たくらいずい に ゆく

 

【キーワード】

・兌為沢:悦び、楽しいもの

・沢雷随:従う

 

【表面に表れたヒント】

・楽しみがもたらされる。

・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのである。ささやかなことでも、心から笑ってみるようにすればよい。

・楽しみは分かち合うことでさらに楽しくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・互いの気持ちが通じ合ってこそ悦びは倍増する。信頼関係が回復する。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・自分から虚心に相手に従うようにすれば、相手も自ずと自分に従うようになる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

58c 兌為沢の三爻変、沢天夬に之く


兌為沢の三爻変、沢天夬に之く

 

【読みかた】

・だいたく の さんこうへん、たくてんかい に ゆく

 

【キーワード】

・兌為沢:悦び、楽しいもの

・沢天夬:決断

 

【表面に表れたヒント】

・楽しみがもたらされる。

・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのである。ささやかなことでも、心から笑ってみるようにすればよい。

・楽しみは分かち合うことでさらに楽しくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・悦びを追い求め過ぎる。危険である。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・沢の堤が決壊し、今にも溢れ返ろうとしていて危険である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

58d 兌為沢の四爻変、水沢節に之く


兌為沢の四爻変、水沢節に之く

 

【読みかた】

・だいたく の しこうへん、すいたくせつ に ゆく

 

【キーワード】

・兌為沢:悦び、楽しいもの

・水沢節:限界、節度

 

【表面に表れたヒント】

・楽しみがもたらされる。

・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのである。ささやかなことでも、心から笑ってみるようにすればよい。

・楽しみは分かち合うことでさらに楽しくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・疑わしいものには近寄らないこと。悦びには時に毒も含まれているものである。

【背後に隠された微妙な機微】

・立ち止まってよく観察すること。程々にして節度を守ることが肝要である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

58e 兌為沢の五爻変、雷沢帰妹に之く


兌為沢の五爻変、雷沢帰妹に之く

 

【読みかた】

・だいたく の ごこうへん、らいたくきまい に ゆく

 

【キーワード】

・兌為沢:悦び、楽しいもの

・雷沢帰妹:不慮の出来事、災難

 

【表面に表れたヒント】

・楽しみがもたらされる。

・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのである。ささやかなことでも、心から笑ってみるようにすればよい。

・楽しみは分かち合うことでさらに楽しくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・悦びに浮かれていると足元をすくわれる。危険である。

・束の間の快楽は長い苦しみの元となる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・最初に無理をすればいずれそのしわ寄せが来る。後で後悔することになる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

58f 兌為沢の上爻変、天沢履に之く


兌為沢の上爻変、天沢履に之く

 

【読みかた】

・だいたく の じょうこうへん、てんたくり に ゆく

 

【キーワード】

・兌為沢:悦び、楽しいもの

・天沢履:踏む、導く

 

【表面に表れたヒント】

・楽しみがもたらされる。

・楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのである。ささやかなことでも、心から笑ってみるようにすればよい。

・楽しみは分かち合うことでさらに楽しくなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・本当の悦びは、他人の悦びを自分の悦びとすることである。周りに悦ばれる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・柔よく剛を制す。邪心のない悦びは無類の力を発揮する。

・愛と信頼、誠実と調和を悦びの糧とすること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪