水沢節の五爻変、地沢臨に之く

 

【読みかた】

・すいたくせつ の ごこうへん、ちたくりん に ゆく

 

【キーワード】

・水沢節:限界、節度

・地沢臨:接近

 

【表面に表れたヒント】

・何事にも潮時がある。ほどほどにして手を打つこと。

・意地を張ると後悔することになる。

・過ぎたるは猶及ばざるが如し。

 

【ヒントを解釈する指針】

・節度を守ることを楽しむことができる。それゆえ相手も甘んじて従う。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・悦び従うことから、互いにつかず離れずの関係となる。今は陽が強く陰を圧迫しているが、陽の気は進展するのも早いかわりに変化するのも早いことを忘れないこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪