水沢節の二爻変、水雷屯に之く

 

【読みかた】

・すいたくせつ の にこうへん、すいらいちゅん に ゆく

 

【キーワード】

・水沢節:限界、節度

・水雷屯:困難、試練、忍耐、希望

 

【表面に表れたヒント】

・何事にも潮時がある。ほどほどにして手を打つこと。

・意地を張ると後悔することになる。

・過ぎたるは猶及ばざるが如し。

 

【ヒントを解釈する指針】

・出る時に出ないと時期を失ってしまう。絶好の機会を逃してしまった。危うい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・安定にはほど遠い状態である。腰を据えて取りかからないと、現状を打開することはできない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪