風水渙の上爻変、坎為水に之く

 

【読みかた】

・ふうすいかん の じょうこうへん、かんいすい に ゆく

 

【キーワード】

・風水渙:分散、散らす

・坎為水:水、底知れないもの

 

【表面に表れたヒント】

・気がかりなことが解決する。

・足場を固める時である。

・悩み事と一緒に緊張感まで失ってしまっては何にもならない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・険難の渦中から抜け出すには欲望を散らすしかない。核心から離れることで悩みが解消する。

・回り道が結局は近道となる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・場所を移さない限り、険難の流れをせき止めることは不可能である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪