艮為山の三爻変、山地剥に之く

 

【読みかた】

・ごんいざん の さんこうへん、さんちはく に ゆく

 

【キーワード】

・艮為山:山、静止

・山地剝:裂ける

 

【表面に表れたヒント】

・身勝手な期待は当てが外れる。

・欲張らずに地道に進むしかない。

・まぐれ当たりを期待しないこと。すべては落ち着くところに落ち着く。

 

【ヒントを解釈する指針】

・疑い出したら何もかも疑わしくなり、信じられなくなる。労多くして功なし。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・陰が盛んとなり、陽が衰えている。身の置き場がない。

・無理をせず、休息を取る時である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪