艮為山の初爻変、山火賁に之く

 

【読みかた】

・ごんいざん の しょこうへん、さんかひ に ゆく

 

【キーワード】

・艮為山:山、静止

・山火賁:恩恵

 

【表面に表れたヒント】

・身勝手な期待は当てが外れる。

・欲張らずに地道に進むしかない。

・まぐれ当たりを期待しないこと。すべては落ち着くところに落ち着く。

 

【ヒントを解釈する指針】

・思いつきは所詮思いつきである。実行に移せば災いがもたらされる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・表面的な事にとらわれて実体を見逃すと悔やむことになる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪