火風鼎の二爻変、火山旅に之く

 

【読みかた】

・かふうてい の にこうへん、かざんりょ に ゆく

 

【キーワード】

・火風鼎:大きな鍋、安定

・火山旅:さまよう人、不安定

 

【表面に表れたヒント】

・能力を発揮する時がきた。

・才能は何かに触発されて初めて活かされる。

・いくら優れた素材であっても手を加えないのでは何の役にも立たない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・方針に間違いはない。あまり神経質にならないほうがよい。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・自分の思い通りにならず、難しいことが多い。しかし、前進すれば意外なチャンスが訪れる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪