沢水困の初爻変、兌為沢に之く

 

【読みかた】

・たくすいこん の しょこうへん、だいたく に ゆく

 

【キーワード】

・沢水困:苦難、困窮

・兌為沢:悦び、楽しいもの

 

【表面に表れたヒント】

・困窮する。しかし、どこにも逃げ道はない。

・苦しい時は何をしてもさらに苦しくなるだけである。

・言い訳をしないこと。さもないと余計事態は悪化する。時を待つしかない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・苦難のどん底にいてかなり苦しい。しかし、焦れば焦るほど事態は悪くなる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・本当の悦びは棚からぼた餅式では得られない。あくまで自ら探し求めて手に入れるものである。逆境のときこそ、それを見出す好機である。

・出かけていき、よい相談相手を探し出すこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪