天風姤の三爻変、天水訟に之く

 

【読みかた】

・てんぷうこう の さんこうへん、てんすいしょう に ゆく

 

【キーワード】

・天風姤:出会い、遭遇

・天水訟:争い

 

【表面に表れたヒント】

・新たな出会いがある。

・すべてこの世は無数の出会いから始まるものである。

・いかなる意味を持つか後々明らかとなる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・思い通りに事は運ばないが、その紆余曲折が却ってよい結果をもたらす。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・互いに背き合う。しかし、強引に決着をつけようとすると余計に悪化してしまう。

・自分の正しさを再点検すること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪