火沢睽の五爻変、天沢履に之く

 

【読みかた】

・かたくけい の ごこうへん、てんたくり に ゆく

 

【キーワード】

・火沢睽:対立

・天沢履:踏む、導く

 

【表面に表れたヒント】

・思い通りにいかない。にらみ合ったまま互いに意地を張り合ってしまう。

・だが、いつまでも続くものではない。あまり気にしない方がよい。

・強引な手段は事態を悪化させることになる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・邪推は邪推を生む。しかし、善意に解釈するならば強力な応援を得ることができる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・好機をとらえ、後は実行に移すのみ。柔よく剛を制す。

・今、この瞬間以外のことを考えないこと。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪