沢山咸の四爻変、水山蹇に之く

 

【読みかた】

・たくざんかん の しこうへん、すいざんけん に ゆく

 

【キーワード】

・沢山咸:感化、求愛

・水山蹇:障害

 

【表面に表れたヒント】

・物事の始まる時。

・すべては無心に感じることで始まる。

・正しい感応でないと感動はすぐに冷めてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・のぼせ上がった感応は最も始末が悪い。また邪心ほど感じ方が激しいものである。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・進退が極まって行き悩むことになる。まず頭を冷やすことが肝要である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪