離為火の四爻変、山火賁に之く

 

【読みかた】

・りいか の しこうへん、さんかひ に ゆく

 

【キーワード】

・離為火:火、まといつくもの

・山火賁:恩恵

 

【表面に表れたヒント】

・新たな段階に踏み出す時である。

・新たな関わりが始まる。

・問題はいかに関わるかである。

 

【ヒントを解釈する指針】

・力をあまり過信すると事は意外な方向に進む。予想外のことが起きる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・見せかけに惑わされてはいけない。隠された内側を見抜くことが肝要である。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪