山雷頤の上爻変、地雷復に之く

 

【読みかた】

・さんらいい の じょうこうへん、ちらいふく に ゆく

 

【キーワード】

・山雷頤:あご、食を養う

・地雷復:帰る、復活、回復、戻る

 

【表面に表れたヒント】

・口は災いのもと。

・たった一言が流れを変えることもある。

・生きる信条を何に求めるか、それで相手がどのような人か大体の見当がつく。

 

【ヒントを解釈する指針】

・気苦労が絶えないが、投げ出さずに努めるならばいずれ出番が回ってくる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・一陽来復(陰が極まり、陽が復ってくる意)。陽の気を強力なものに育てていかなければならない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪