山雷頤の三爻変、山火賁に之く

 

【読みかた】

・さんらいい の さんこうへん、さんかひ に ゆく

 

【キーワード】

・山雷頤:あご、食を養う

・山火賁:恩恵

 

【表面に表れたヒント】

・口は災いのもと。

・たった一言が流れを変えることもある。

・生きる信条を何に求めるか、それで相手がどのような人か大体の見当がつく。

【ヒントを解釈する指針】

・欲しいものを得るために手段を選ばず進むのならば、いずれ最悪の状況となる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・虚飾に惑わされ、肝心なものを見失う。飾りは所詮飾りである。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪