山雷頤の初爻変、山地剝に之く

 

【読みかた】

・さんらいい の しょこうへん、さんちはく に ゆく

 

【キーワード】

・山雷頤:あご、食を養う

・山地剝:裂ける

 

【表面に表れたヒント】

・口は災いのもと。

・たった一言が流れを変えることもある。

・生きる信条を何に求めるか、それで相手がどのような人か大体の見当がつく。

 

【ヒントを解釈する指針】

・他人をうらやむよりも自分の資質を活かすこと。そうしないと打開の道は開けない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・本来あるべきものが削り取られて剝奪されている。陽の気が衰え、陰がますます盛んとなる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪