山地剝の初爻変、山雷頤に之く

 

【読みかた】

・さんちはく の しょこうへん、さんらいい に ゆく

 

【キーワード】

・山地剝:裂ける

・山雷頤:あご、食を養う

 

【表面に表れたヒント】

・陽が衰え、陰がますます盛んとなる。何をしてもうまくいかない。

・依って立つ基盤が崩れ落ちようとしている。転覆のおそれもある。

・言動を慎み自重して時を待つ以外にない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・足もとが崩れかかっている。意外な落とし穴が待ち受けている。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・日頃の言動がいざという時にものをいう。しかし、時にはそれが命取りになることもある。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪