山火賁の三爻変、山雷頤に之く

 

【読みかた】

・さんかひ の さんこうへん、さんらいい に ゆく

 

【キーワード】

・山火賁:恩恵

・山雷頤:あご、食を養う

 

【表面に表れたヒント】

・表向きはともかく内実は苦しい。

・中身の伴わない輝きは、いずれメッキが剥げる。

・飾りに惑わされてはならない。今は大事をなす時ではない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・飾りは所詮飾りに過ぎない。表だけを見ていると惑わされるので気をつけること。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・相手が何を信念としているかを観るまでは即断すべきではない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪