風地観の上爻変、水地比に之く

 

【読みかた】

・ふうちかん の じょうこうへん、すいちひ に ゆく

 

【キーワード】

・風地観:熟考

・水地比:統合

 

【表面に表れたヒント】

・自分が他人を観察するように、周りは自分を観察している。

・今さら背伸びをしても始まらない。所詮それ以上でもなければそれ以下でもない。

・身を正すこと。それ以外に手段はない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・どこかで誰かが見ている。頭隠して尻隠さず。いつかボロが出る。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・本当に親しい仲は、心と心とが通い合って生まれるものであって、理屈で生まれるものではない。そこには微塵の隙もない。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪