風地観の五爻変、山地剝に之く

 

【読みかた】

・ふうちかん の ごこうへん、さんちはく に ゆく

 

【キーワード】

・風地観:熟考

・山地剝:裂ける

 

【表面に表れたヒント】

・自分が他人を観察するように、周りは自分を観察している。

・今さら背伸びをしても始まらない。所詮それ以上でもなければそれ以下でもない。

・身を正すこと。それ以外に手段はない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・非を他人のせいにして笑われる。すべては身から出た錆である。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・表面の虚飾を剥ぎ取ると、そこには思いがけない真実が表れる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪