風地観の初爻変、風雷益に之く

 

【読みかた】

・ふうちかん の しょこうへん、ふうらいえき に ゆく

 

【キーワード】

・風地観:熟考

・風雷益:増加

 

【表面に表れたヒント】

・自分が他人を観察するように、周りは自分を観察している。

・今さら背伸びをしても始まらない。所詮それ以上でもなければそれ以下でもない。

・身を正すこと。それ以外に手段はない。

 

【ヒントを解釈する指針】

・使うより使われる立場を選ぶ方が無難である。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・上の者が自分の物を減らして下に与えるならば、全体の勢いは自ずと活発になる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪