山風蠱の二爻変、艮為山に之く

 

【読みかた】

・さんぷうこ の にこうへん、ごんいざん に ゆく

 

【キーワード】

・山風蠱:腐敗

・艮為山:山、静止

 

【表面に表れたヒント】

・リズムが狂い出し、何をやってもちぐはぐとなる。

・それは、手を打たなくてはならないのに今まで放置していたからである。

・一から出直すよい機会。

 

【ヒントを解釈する指針】

・矛盾を解決するには正論ばかりに固執していてはいけない。

・変えようのない過去に精力を費やすことほど愚かなことはない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・人間の虫のいい期待など大抵あてにはならない。結局落ち着くところに落ち着く。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪