天沢履の三爻変、乾為天に之く

 

【読みかた】

・てんたくり の さんこうへん、けんいてん に ゆく

 

【キーワード】

・天沢履:踏む、導く

・乾為天:創造、男性原理、顕在意識

 

【表面に表れたヒント】

・思いがけないことに直面する。

・人は元々四六時中絶えず危険な道を渡っているのだから何も今さら慌てることはない。

・落ち着いて対処すれば切り抜けられる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・勢いに乗じて慢心すると窮地に落ち込むことになる。才に奢るものは才に破れる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・陽の気が盛んとなり周りに強い力が働いている。いかにも質実剛健だが用心しないと流れが逆転する。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪