天沢履の初爻変、天水訟に之く

 

【読みかた】

・てんたくり の しょこうへん、てんすいしょう に ゆく

 

【キーワード】

・天沢履:踏む、導く

・天水訟:争い

 

【表面に表れたヒント】

・思いがけないことに直面する。

・人は元々四六時中絶えず危険な道を渡っているのだから何も今さら慌てることはない。

・落ち着いて対処すれば切り抜けられる。

 

【ヒントを解釈する指針】

・腕を発揮する時はいずれやってくる。本業以外に目を向けてはならない。

・理を重んじる者には幸が訪れる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・いさかいの火種を抱えているので強行すると行き詰まってしまう。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪