水地比の上爻変、風地観に之く

 

【読みかた】

・すいちひ の じょうこうへん、ふうちかん に ゆく

 

【キーワード】

・水地比:統合

・風地観:熟考

 

【表面に表れたヒント】

・互いに打ち解けるとそこには不思議な力が働く。それを活かせばますます事態は好転する。

・親しくしていなかった者まで駆けつけて来る。

・しかし、浮かれて自分を見失うと、災いをもたらす者をも引き寄せてしまう。

 

【ヒントを解釈する指針】

・無理な背伸びは続かない。自分に徳がないので誰もついてこない。

・心の中の混乱は失敗と損失を招くことになる。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・自分が周りを観るように、周りも自分を観察している。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪