天水訟の二爻変、天地否に之く

 

【読みかた】

・てんすいしょう の にこうへん、てんちひ に ゆく

 

【キーワード】

・天水訟:争い

・天地否:停滞

 

【表面に表れたヒント】

・予想もしなかった事が生じる。上からは押さえつけられ、下からは足もとをすくわれそうになる。

・心ならずも争い事に巻き込まれてしまう。正面から強引に突破するのは危険である。また、勝ったとしても後には結局何も残らない。

・言い分があってもそれは通らない。第三者に相談し転機を待つのがよい。

 

【ヒントを解釈する指針】

・出過ぎず分を守り、慎ましやかにしていれば災いはない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・ふさがる、行き詰まる。事態が閉塞状況に陥っているので何をやってもうまくいかない。能力を内に隠し、今は表に出さないこと。

・強制的な意志の力を用いると、正反対のものを手に入れる結果となる。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪