山水蒙の二爻変、山地剝に之く

 

【読みかた】

・さんすいもう の にこうへん、さんちはく に ゆく

 

【キーワード】

・山水蒙:未成熟、無知、背伸び

・山地剝:裂ける

 

【表面に表れたヒント】

・辺りは昼なお暗く、目前には険しい山がそびえ、五里霧中、一寸先は闇の状態である。

・しかし停滞していてはいけない。目的を遂げるまで進まねばならないが、誰もすすんで導いてはくれない。

・虚心に信念をもって事に当たる以外に手立てはない。そうすれば道は開ける。

 

【ヒントを解釈する指針】

・真心が通じ打開の道が開ける。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・有頂天になると危うい。陽気は進むのも早いが変わるのも早いものである。すでに陰は足もとまで迫っている。逆転もありうることに気をつけること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪