水雷屯の二爻変、水沢節に之く

 

【読みかた】

・すいらいちゅん の にこうへん、すいたくせつ に ゆく

 

【キーワード】

・水雷屯:困難、試練、忍耐、希望

・水沢節:限界、節度

 

【表面に表れたヒント】

・草創期の悩み、生みの苦しみに直面する。

・無から有を生み出すには想像をはるかに超えるエネルギーが必要となる。意欲だけでは乗り切れない。しかし、決して諦めないこと。

・但し、軽率な前進は危険である。

 

【ヒントを解釈する指針】

・思い通りに進まない。難しい問題が生じる。邪魔ものが離れない。

 

【背後に隠された微妙な機微】

・節度を守りけじめをつけない限り好転の道はますます遠のいてしまう。

・心を静めて事態をしっかり見極めること。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪